リンゴの花摘み!

塩川農園でリンゴの花摘みが始まりました。 今年は桜が早かったように、リンゴの花ももう咲き始めました。 高所作業車や高い脚立に乗っての作業です。 私もお手伝い(体験?)に行って来ました。 リンゴは1か所に5個くらいの花がつきます。 それを1つに残し花を摘み取る作業を「花摘み」と言います。 木全体のリンゴの数を減らし、残った実に栄養を行きわたらせ、大きく美味しいリンゴにするのです。  ⇒  今年90歳と89歳になる塩川農園の元気なベテランお2人の花摘みは、「プツプツプツプツ・・・」と軽やかな音が続きます。 私は・・「プツン・・プッツン・・プッツン・・あっ みんな取れちゃった!」(”^ω^)・・ 子供の頃から高い所にに慣れている塩川農園の家族は 左の高い脚立のてっぺんで作業ができますが、 右の低い脚立の2段目3段目・・ 頑張って4段目が私の安心して作業できる高さかな・・ 「体験」から「お手伝い」になるのはいつのことか・・(≧▽≦) しばらくは、この「花摘み」が毎日続き 小さな実が付いた頃に もう一度 リンゴの数を調節する為の「摘果」という作業をします。 枝や木全体の実の付き具合を見ながら、今度はハサミで実を取って減らします。 なかなか地味な根気のいる仕事です。 今年も美味しいリンゴができますように(*^▽^*)

コメントは受け付けていません。